会話上手になりたいなら場数を踏んで経験値を増やした方が良い?


会話上手になりたいなら場数を踏んで経験値を増やした方が良い?



会話上手になるには、場数を踏んで、いかに、いろいろな人と接する機会を設けるかが大切ではあります。

どれだけ経験するかということなんですけど。

何でもそうですけど、習得するためには、繰り返すことって必要になります。

一度や二度、挑戦して上手くいかないことも多いものですけど、それでも諦めないことが大切なんですよね。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


ただ、場合によっては大失敗することもあり得ます。

川上くんは、幼い頃から引っ込み思案で、とても大人しい子供でした。

人見知りもするし、人前に出ることを、極端に嫌がるほどだったんです。

思春期になると、女子と喋ることも、全くと言っていいほど、無理なことでした。

相手から話し掛けてくれても、うん、そうなんだくらいの返事をするので、精一杯でした。

川上くんも、男ですから、好きな女子もいたんです。

このままだとダメだ

と思ったんですね。



もっと、話せるようにならないと

彼女だって欲しいし

みんなと、いろいろ楽しみたいし

と思ったんです。

それからは、自分からも話し掛けるようにしたんです。

好きな人にだけでなく、他の女子にも。

でも、全然上手くいきません。

少しでも、会話が続くなら良かったんですけど、全くです。



上手く話をしないといけない

と考えてしまって、余計に話せなくなっていたんです。

でも、もっと経験を積んでいけば、慣れてくるはずだ

と、さらに頑張ったんです。

それでもダメでした。



失敗してしまうことで・・・

ある日、その好きな女子に、いつも話し掛けていることから、クラスの人に、川上って〇〇のこと好きなんだろう、とからかわれてしまったんです。

その時、あまりにも恥ずかしくなって、顔だけでなく耳まで真っ赤になているのが自分でも分かるほどで。



しかも、その日の音楽授業の中で、一人ひとり前に出て、先生のピアノの伴奏に合わせて、歌を歌うというようなことがあったんです。

川上くんの番になった時に

〇〇のために歌うのか?

〇〇が見ているぞ!!

なんてことを、同級生に言われてしまいました。



ただでさえ、人前というのが苦手で緊張しているのに、好きな子のことで、からかわれてしまったことで、もう頭が真っ白になりました。

なんとか、ピアノに合わせて歌いましたけど、声が裏返ってしまったりして、全く上手く歌えなかったようです。

そんな姿を見て、クスクス笑っている人もいて、その中で好きな女子も笑っていたんですね。

それを見て、当然なことですけど、すごくショックだったんです。



好きな人と、話をすることもできなくて・・・

人前だと緊張して、何もできにない・・・

しかも、みんなに笑われて・・・

好きな女子にさえ、バカにされてしまう・・・

こんなことを考えてしまって

僕は、人前が苦手、人との会話も苦手、人付き合いも苦手・・・それが男でも女でも、上手くいかない

と自分の考えが出来上がってしまったんです。



完全に苦手意識が形成されてしまって、その後は以前にも増して、大人しい性格になってしまったんです。

自分から、無理して話し掛けることなんて、しなくなってしまったんですね。

それからは、今まで通りに大人しい川上くんに戻ってしまって、卒業してから同窓会があっても、出席することもありませんでした。

数年ぶりに会ったことがありましたけど、大人しいままでしたね。






川上くんの場合は、周りの人間関係に恵まれていなかったということもありますけど、無理して頑張り過ぎたことも良くなかったのかもしれませんね。

経験をすることは、とても大切なことではありますけど、あまり気を張り過ぎないようにした方が良い時もありますよ。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player