コミュ障改善法|克服できたら仕事も恋愛も上手くいくようになった!


コミュ障改善法|克服できたら仕事も恋愛も上手くいくようになった!



コミュ障って本当に困ります。

人とコミュニケーションが上手く取れないんですよね。

特に雑談が苦手で。仲の良い人となら

テンションが高くなったり、ベラベラ話すこともあるんだけど

そうでもない人とだと、何も話せなくなってしまって。



その場の人数が増えれば増えるほど

全く会話に参加することなんてできなくなってしまって

空気のような存在になってました。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


それでいて、変に自意識過剰なところもあって

僕は周りの人とは違うんだ

なんて思ってしまい

周りを見下してしまうようなところもありました。



コミュ障あるある

コミュ障あるあるなんてものがあって、それには

・女子に、ちょっと話しかけられただけで好きになってしまう

確かに、何度も勘違いすることがありました。

とにかく学生の頃から、モテることなんてありませんでしたし

同性とでも仲良くできないのに

異性と話すことなんて、ほとんどありませんでしたから。

そんな自分に、話し掛けてくれて

ニコっと笑顔なんて見せられたら

もしかして、この子って・・・

など、自分の都合の良いように考えてしまうことが多かったですね。



・後になってから、あの時あぁ言えば良かったと後悔する

これも、何度もありました。

その場では会話に参加することもできないで

完全に置いてけぼりをくらって

ただ、聞いているだけという感じで。

後になってから、こう言えば良かったな

後悔することばかりでした。

かと言って、その経験を次に生かすこともできないで

同じことの繰り返しばかりで。



・仲良くない人とは会話ができない

これも、その通りという感じです。

仲が良いと、くだらない冗談を言ったりできるんですけど

そうじゃない人の前だと、完全に無言。

話掛けられても、上手く返せないで

全く会話が続かない。

結果、周りからは、大人しい人、無口な人と思われてしまいます。

相手によって、ころころ態度を変えるので

自分では多重人格だなと思うほどでした。



・一人の自分がカッコ良い

ただ、一人ぼっちで一緒にいられる人がいないから

一人でいるのに、自分では

群れるのが嫌いだ

とか、思ってましたね。



他にもいくつか項目があったんですけど

当てはまるものばかりで。



いい加減に、この性格を直したいと思いました。

学生時代なら、まだしも

社会人になってもコミュ障じゃ通用しません。

就活だって苦労するだろうし

会社に勤められるようになったとしても

仕事って、コミュニケーション能力が求められますよね。



周りの人と、上手く付き合うことができないと

仕事だって、こなせるか分からないし

他の職に転職したところで

同じことの繰り返しになってしまいそうで。



恋愛だって、そうです。

このまま恋人もできないで

ネットを見ながら、画面の中の子に恋して妄想してても

今は良いかもしれないですけど

ずっとこのままだったら、確実に後悔すると思います。



どうすればコミュ障を克服できるのか?

コミュニケーションスキルと身に付けたいけど

どうすれば良いのかが分かりませんでした。

今まで、人との付き合いというものを

極力避けてきたわけで

急に上手く話ができるようになんてなれませんから。



そこで思ったのが

人付き合いの基本って何だろう?

ということです。

当たり前ですけど

会話

ですよね。

会話することで

自分がどんな人なのか、考えなのか

相手に理解してもらえますし

反対に相手がどんな人かも分かります。



以前、数人でいた時に雑談してたんですけど

私はただいるだけで

周りの人は、次から次へと会話が弾んで楽しんでました。

その輪に、どうやったら入れるのか分からなかったんですね。

本当にコミュ障は嫌です。



よし、それなら会話術を徹底的にマスターするぞ!

と一大決心をしました。



コミュ障を改善させてくれた会話術

人に好かれる会話術という教材が人気のようだったので

思い切って購入してみたんです。



まずは大切なマインド面を学ぶことができました。

それから、肝心の話術ですけど

どんどん話題が見付かる方法

複数の人との会話でうまく話に参加する方法

人を不快にさせない会話術

苦手な人との会話

などなど、人付き合いが苦手な僕にとっては

知りたいような内容ばかりでした。

 人に好かれる会話術の詳細はこちら



実際に、こんな話をすれば良いというような

会話例もたくさん紹介されているので

理解できないということはありませんでしたね。



最初のうちは、まだぎこちないところもあったとは思いますけど

どんどん、会話に対して苦手意識というものは無くなっていきました。



自分でも単純だと思ったんですけど

数人で話をしてた時に、今までなら沈黙してましたけど

思い切って、会話に参加してみたんです。

その中で、くだらない冗談というかダジャレのようなことを

言ってみたんですね。

予想以上に、みんなが笑ってくれたんです。

お前も、そんな冗談言うんだな

面白いなぁ

なんて言ってくれたんです。



すると、単純な自分は

今まで出してなかっただけで

僕は面白い奴なのかもしれない

なんて思うようになったんです。

すると、自信が持てたこともあって

どんどん話に参加することができるようになりました。



あまり、オヤジギャグのようなことばかり言ってると

ただ引かれてしまいますから

その辺はきちんとバランスを考えています。

今では、相手の話と自分の話と

ちょっとした冗談を入れたりなど

会話のバランスなんてものさえ、考えられるようになったんですね。

自分でも本当に成長したと思います。



今の僕を知っている人からすると

コミュ障だった

なんてことを言ったら、驚くかもしれません。

無事に就職できて、職場の人間関係も上手くいってます。

彼女もできて、幸せイッパイです。

コミュ障のままだったら

仕事も恋愛も全然、上手くいかなかったでしょうね。



僕と笑顔で会話をしてくれてる相手を見ると嬉しいものです。

人の笑顔って、やっぱり幸せな気分にさせてくれますよね。

暗い顔ばかりしてたら、人付き合いなんて上手くいくはずありません。



コミュ障を克服できたおかげで

これからは、充実した人生が送れそうです!





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player