発言に注意!パワハラ・モラハラに捉えられることもあるかも


発言に注意!パワハラ・モラハラに捉えられることもあるかも



口下手な人って、なかなか自分の思ったことを言えませんよね。

その時、感じたことやこうした方が良いというような意見など

言いたいことを言えたらどれだけ楽か・・・

とは言っても、何でもかんでも言えば良いってものではないですよね。



場合によっては、反感を買うこともありますし

相手を傷つけてしまうこともあります。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


職場などで、後輩がミスをしたとして

先輩として、上司として

怒ったり、注意するのは当然です。

でも、一歩間違うとパワハラなんてことにもなりますね。



家族や恋人に言った何気ない一言でも

モラハラなんてことにもなりかねません。



この判断も、すごく難しいとは思うんですけどね。



後輩を注意しても

バカにされた

ダメ出しされた

なんて捉えられてしまうこともあります。



職場の後輩が、大事ではありませんけど

ちょっとしたミスをしたことがあったんです。

当然、上司に呼ばれて、注意を受けたんですけど

ダメだしを食らっちゃいましたよ

なんて言ってましたね。



何を言われたのかを聞いてみたら

明らかに上司が言っていることは正しいんですね。

でも、言われた人の捉え方によっては

悪く捉えられてしまうこともあるんですよね。



人によっては

自分の全てを完全に否定された

なんて思ってしまう人もいるくらいです。



他にも、友達のカップルで同棲している人がいて

会社を出る時と、駅に付いた時に連絡して

なんて彼女が彼氏に義務化したようで。



彼氏の方も、同棲し始めた頃は

何の苦もなく連絡してたようですけど

どんどん面倒になったようで

すごく束縛されてる

なんて嘆いていました。



彼女からすれば

帰ってくる時間に合わせて料理を作って

帰宅したら、すぐに温かい夕飯を食べさせてあげたい

という思いから言ったようなんですけど。



結局、そのカップルは長続きせずに

別れてしまったんですけど。



親が帰りが遅い娘のことを心配して

怒ったり、門限を定めたりすることもありますけど

それだって、親の愛情ですよね。



でも、遊びたい盛りの若者からすれば

束縛されてる

いちいちうるさい

なんて思われて、余計に反発することもありますね。



相手を思いやっても

悪く捉えられてしまうなんて悲しいですね。



とは言っても、相手のことを思って言うことは

とても良いことだと思います。



先ほど紹介したカップルの彼氏の方ですけど

一人暮らしを初めてから

彼女がどれだけ頑張ってくれていたのか

今になって分かったよ

なんて後悔してました。



思いやりの気持ちを持っての発言なら

その時は反発されても

いつか理解してくれる日が来るのではないでしょうか?



たぶんですけど・・・



口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player