人前に出るのが苦手~緊張して何も話せなくなってしまうなら、こうすれば良い!


人前に出るのが苦手~緊張して何も話せなくなってしまうなら、こうすれば良い!



人前に出るのが苦手で、人前に出るとすぐに緊張してしまって、自分の顔が真っ赤になってくるのも分かるし、頭が真っ白になって、何も話せなくなってしまう・・・

いったい、どうすれば良いんでしょうか?

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


以前、人前で緊張するような人は、その前にいる人達をかぼちゃだと思えば良い!なんて聞いたことがあります。

他にも、手のひらに、人という字を3回書いて飲み込めば良いだけなんてことも言われます。

正直言って、そんなことで緊張が解けたら、みんな苦労しないって思いますけど。



性格が大人しい人のほとんどは、気にし過ぎなんですよね。

確かに、一般常識で人の目を気にするのは当たり前なことです。

人の迷惑を気にしないで、自分勝手なことをするのは良くないわけで、社会のモラルやルールみたいなものを守ることは当然です。



でも、大人しい人は、何も悪いことなんてしてないのに、人の目を気にします。

すごく良いことをするような時でも、そんなこと考えなくて良いのにっていうことでも、人にどう思われるか心配になってしまって、あれこれ考えてしまうんですね。



でもですね。

人がどういうふうに、自分のことを思ったとしても、それは相手の自由なんです。

もし、あなたが好きな芸能人がいたとして、その人が壇上に上がって、話をし出したら、ファンであるあなたは一字一句、聞き逃さないように集中して聞くと思います。

でも、全く同じ内容の話を、誰かも分からない人が話し出して、聞こうともしないんではないでしょうか?



学生時代に全校集会などで、校長先生が話をした時に集中して聞いていたでしょうか? 話が長い・・・早く終わらないかな ・・・なんて考えていませんでしたか?

本当は校長先生の話というのは、ちゃんと聞かなきゃいけないことですよね。

とても大切なことを言ってるかもしれないのに、聞かないっていうのは、単に興味がないことだからなんですね。



要するに、その話す相手によっても、集中の度合いって変わってくるもんなんです。

人前で話すような時に、みんなはどれだけ集中して聞いてくれるでしょうか?

あなたは、みんなに注目されるような人気者ですか?どれだけの人が、しっかり聞いてくれると思いますか?



なかには聞いてるフリして、他のことを考えている人もいるはずです。

周りは自分が思うほど、自分のことなんて見てはいません。



誰が言ったのか忘れてしまったんですけど、以前10000人の前でも緊張しないで話せるって言ってた人がいました。

その人が心掛けてるのは、相手が何人だろうが、その中の一人だけに話す感覚でいる、なんて言ってましたね。

気持ちの持ち方次第で、人前だって平気になるんですよ。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player