気楽に話しかけることができるようになりたい


気楽に話しかけることができるようになりたい

知人の話ですが・・・



———————————————-



私は、大学1年生の男です。

大人しい性格で人見知り。

サークルのコンパなど行きたい気持ちはありましたが

どうせ行っても、孤立するだろうなぁ

と思って参加もせずにいました。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


同じ学部の同級生で数人、知り合い程度には

なれた人はいますけど

いつも一緒に行動することもなく

一人ぼっちでいることが多かったんです。



そんな時、学食に行ったところ

いつもにも増して混雑していて

座る席がなかなか見つかりませんでした。



後から来た人でも

友達グループが陣どっているようなところに

すんなり座ることができてたんですけど

当然、私にはそんな友達もいないし・・・

どうしようと、思っていた時に思い出したことがありました。



いつも、家ではネットばかり見ていて

以前、こんな書き込みを見たことがあって

入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。もちろん一人でね。
慣れない食券システムにに戸惑いつつも、
俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。

定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。
今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ…
俺は焦った。とりあえずどこか席が空くのを待ってみたが、一向に空かない。

明らかに食事を終えている奴らも、友人と会話をしていて席を立とうとしない。
俺はハンバーグ定食のお盆を持ったまま、その場に立ち尽くしてしまった。

どうしようもなくなって錯乱してしまった俺は、
近くの調味料や飲み物が置いてある台に、
持っていたハンバーグ定食を置き、その場で立ち食いを始めてしまったんだ。

俺のあまりに滑稽な姿に、周りの奴らが笑っているのに気づいた。
中には俺の姿を写メールで撮影し始めるDQNもいた。
俺は半泣きになりながらハンバーグ定食を急いで食べ終え、
逃げるようにその場を去った。

あれ以来2度と学食へは行っていない…

すごい気持ちが分かって切なくなったことがあったんですけど

まさに、自分がそんな状況になってしまって

立ち食いするしかないのかな

と途方に暮れてると

一人の男性が声を掛けてきてくれました。

ここ、座って良いよ

その人は、独りぼっちということでもなく

男女5人で、食事してるところで

前に3人、こちら側は2人。

一人分の席に荷物があったんですけど

それをどかして、座らせてくれました。



混んでいる時に

席を譲り合うのは当たり前なのかもしれませんけど

他の人は、知らん顔してましたし

唯一、その人だけが声を掛けてくれたんです。



おかげで、座って食べることができました。

横で食べてる時も、気軽に話しかけてくれて

2年生の先輩ということでしたが

同じ男ですけど、なんかカッコ良く思えましたね。



自分が逆だったら

ひょっとしたら、友達を探してるかもしれない

余計なお世話にならないか

なんて、変に考えてしまって

声を掛けるなんてできないと思います。



知り合いじゃなくても

ああやって気軽に話しかけることができて

しかも、そこに優しさがあるなんて

そんな人になりたいと憧れてしまいますね。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player