口下手で上手く会話を続けられない~改善することができた体験談


口下手で上手く会話を続けられない~改善することができた体験談



中学生の頃は、友達もそれなりにいて、楽しく過ごせていたんですけど

高校生になってからは、同じ中学出身が数人しかいなくて

しかもクラスには、0人。

最初から、クラスに馴染むことができなくて

どんどん孤立していきました。



そうなると、自ら人付き合いを避けるようになっていって

高校時代は、楽しい想い出なんて全くありません。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


人との会話というものも、どうすれば良いのか

全く分からなくなってしまったんですね。

久しぶりに中学時代の仲間と会ったとしても

普段、話をしてませんから、全然話せなくなってしまって。

バイトを初めて、なんとか話をしようと思っても

会話が続かずに、シ~ンとしてしまうことばかり。



一度、このままじゃダメだと気合を入れて

盛り上げようと頑張ったことがあったんですけど

ただただ、すべってしまって

そうなると、さらに焦ってしまって、余計におかしくなって。

それで完全に、自信というものがなくなりました。



自分は人付き合いが苦手

口下手で人と会話することもできないような奴

と完全に自己否定の考えしか持たなくなってしまったんです。



口下手を克服するための順序

どうしたら口下手の克服ってできるんだろう?

会話術の本とか読めば、なんとかなるのか?

と悩みました。



ただ、思ったんですね。

会話術を覚えたところで

口下手を直したい!と変に意識してしまっていては

上手く話すこともできないんじゃないか?

まずは、少しでも話せるようになることをして

会話というものに対しての自信を回復する方が

先決じゃないのか?



会話術を覚えるのは、それから。

話をすることに抵抗がなくなってきてからなら

もっと話ができるようになるんじゃないか?

そう思いました。



それからは、とにかく一言、二言でも良いから

話をするようにしました。

まずは、話し掛ける感覚と言いますか

話す勇気と言いますか

そういうものを養おうと思ったんです。

当然、会話は弾みませんけど・・・



ただ、そのおかげで、人に話し掛けることとかに

躊躇することがなくなりました。

そこで、会話術を学ぶことにしたんです。

人に好かれる会話術



そうなると、もう怖いものなしです。

会話というものに、多少なりとも自信が持てるようになってましたし

それで、どんな話題が良いのかも、完全に理解してますから

どんどん話せるようになったんです



一人と仲良くなれると、二人、三人と仲良くなって

そこから、どんどん交友関係も広がっていきました。



この歳になってからですけど

ようやく休みの日に仲間と出掛けたりして

バカなことをやって楽しめるようになれました。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player