どうしても大人しい性格の自分が嫌いだったら、こんな考えはいかが?


どうしても大人しい性格の自分が嫌いだったら、こんな考えはいかが?



性格が大人しくて、人付き合いが上手くいってない人の場合

自分のことが大嫌いだったり

ネガティブに考えてしまう人も多いかもしれませんね。

周りを見ると、みんなと仲良く楽しそうにしてる人もいるし

話が上手で笑いが絶えないような人もいるし。

そんな人を見てしまうと

自分はどうして、こんな性格なんだろう?

なんて悩んでしまうこともあると思います。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


大切なのは、その自分を認めてあげることなんですね。

よく、自分自身を受け入れるなんて言われていますけど

その受け入れることが、性格改善の第一歩なんですね。



私も、すごく自分のことが嫌いでした。

大人しくウジウジしているし、話をしたくても何を話して良いのか分からなくて

時間だけが過ぎていくし。

友達もいないし、恋人もいないし、休みの日は一人で過ごしてるし。



何で、こんな人生送ってるんだろう?

なんてことばかり考えていました。



ただ、ある時に、

自分の性格を決めるのは、周りの人なんだ

お喋りな人でも、楽しい人と思う人もいれば

ウザい奴って思う人だっているんだ

大人しい性格だって、暗い奴って思う人もいるだろうけど

落ち着いている人と思う人だっている



人によって捉え方は違うんだ

一番ダメなのは、自分自身で

暗くて、どうしようもない奴

なんて悪く考えてしまうことなんだ

だから自分のことを、とりあえず認めて

大人しい性格だけど、頑張って生きてるんだ!

なんて考えるようになったんですね。



うるさくて、ウザく思われている奴よりは

大人しい方が良いんだ!

なんて開き直った考えを持つようになったんです。



そうしたら、どんどん気持ちが楽になってきたんです。

別に、イイや

嫌いたい人は嫌えば良いし



こういった考えが正しいかどうかは、正直分かりません。

でも、自分のことを好きになってくると

あれこれ余計なことを考え無くなったんですね。

楽な気持ちで、毎日を過ごせるようになってきました。



例えば、自分が使っている商品があって、それを人に勧めたとしますよね。

それを自分自身も気に入っていて

こういうところが良いんだよと説明したら、説得力があります。

反対に、自分は気に入ってないんだけど、騙そうと思って

無理やり良いところを言って説明したとしても、説得力はありません。



自分自信が嫌っているような性格の自分のことを

周りが相手にしてくれるわけありませんよね。

周りがどう考えようと

自分くらいは自分のことを好きになってあげないと。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player