アラサー友達いない男でも短期間で親友が作れた方法


アラサー友達いない男でも短期間で親友が作れた方法



友達って、いるといないとの、どっちが良いと思いますか?

いろいろな意見はあるかもしれませんけど、私としては絶対に友達はいて欲しいと思っていました。

どうしてかというと、全くいなかったからなんです。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


全くいないって0人なの?

と思うかもしれませんけど、本当に0人だったんです。

学生時代には、一応友達はいました。

孤独でいつも一人でいた・・・ってことでもありません。

休み時間はくだらない話をしたり、学校帰りに遊びに行ったり、そんなことをしてました。

でも、卒業してしばらくすると、付き合いが無くなってしまうんですね。



高校でも大学でもバイト先でも、その時々ですごく親しくなれて、信頼できて、相手も悩みなんかを相談してくれるくらいの関係になれて、こいつとは一生、友達でいたい!って、思えるような人とは出会ってきたんです。

学校を卒業したり、就職することになってバイト先を辞めたりして、数ヶ月はたまに会ったり、連絡を取ったりという感じだったんですけど、ピタッと来なくなってしまうんです。

こちらから連絡しても、返事が返って来なかったり、携帯の番号が変わってしまって、連絡すら取れなくなることもありました。



職場でも親しい人はできました。

でも、1年ほどしてリストラにあってしまい、辞めることになってしまったんですけど、それからは会ってもいません。

その後、新しい仕事が見付からなくて、親戚がやっている仕事を手伝わさせてもらうことになったんですけど、従業員はほとんどが年上のオジサンばかり、同年代だと従兄がいるくらいですから、友達って感じにはなれませんでした。



そのまま、あっという間に5年が経ちましたけど、学生時代の友人など、一人もいない状況できました。

休みの日も、何の予定もありません。

スマホを持っていても、仕事の連絡くらいで、それ以外はネットを見るくらい。



30手前にして、友達が欲しいというのも変かもしれませんけど、何か会った時に相談できたり、愚痴を言えたりするような人が欲しかったです。

彼女もいませんでしたけど、恋人よりも友達が欲しかったです。



友達ができました

そんな孤独人間の私でしたけど、今は違います。

4人ほど親しい人ができました。

2つ年上が2人、同い年が1人、1つ年下が1人という感じで、同年代のバカな仲間が揃いました。



孤独にならないための友達の作り方という教材を学んでから、自分のダメなところを見直してみたり、ちょっとした話ひとつにしても、気を付けるようにしたんです。

難しいことなんてしていないんですけど、紹介されている方法をそのまま実行しただけで、今まででは考えられないほど幸せになっているのが分かります。



先日、飲みに行った席で「お前と知り合えて、本当に良かったよ!」なんて同い年の奴に言われてしまって、あまりにも嬉しくて、号泣しちゃいました。

自分が必要とされていると言いますか、自分の居場所がるって時間できているので、本当に嬉しかったんですね。

彼らとなら、本当に一生の友達でいられると思います。



友達が欲しいと思っていても、行動もしないで、何でみんないなくなっちゃうんだ!なんて、否定的なことしか考えていなかったら、どうにもなりません。

自分自身を変えようと、一歩踏み出すことで自分も変われるし、周りも変えることができるんだと実感しました。

孤独にならないための友達の作り方





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player