話術を磨くためには苦手意識を捨てて誰にでも興味を持てば良い!


話術を磨くためには苦手意識を捨てて誰にでも興味を持てば良い!1



テレビを見ていて芸人さんが、面白おかしくトークしているのを見ると、本当にすごいなぁって思います。

流れるようなトークで、しかもそれで人を笑わせることができるんですから。

自分もそんな話術を身に付けたいと思って、一応研究はするんですけど、全く効果が得られません。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


とにかく話題に困ってしまうんです。

〇〇なんです → そうなんですか → 話題が続かずに沈黙…ということばかりで、会話が盛り上がらないんです。

「話題に困るのは、相手に興味がないから。興味を持つようになれば、どんどん話題は浮かんでくる」というようなものを目にしたこともありました。

確かに、それも事実だと思います。

話術を磨くためには苦手意識を捨てて誰にでも興味を持てば良い!2



例えば好きな人がいて、その人の「好きな食べ物、趣味、好きな異性のタイプ」とか気になるし、知りたいと思います。

他にも「テレビや映画、音楽、色、服装」など、「どんな物が好きなんだろう?」「どんな事に興味があるんだろう?」といろいろと知りたくなります。

それは、相手に興味があるからですよね。

友達や職場の人でも、「この人とは気が合うな」と思うような人なら、同じように聞きたいこともあります。



ただ、相手が苦手な人だったり、目上の方だったり、ましてや初対面の人で、どんな人かも分からない場合は、難しいと思うんです。

特に「この人は苦手」「この人は絶対に気が合わない」と思ってしまうような人は、どうにもなりません。

この先、会うことのないような人なら、知らん顔してても良いんでしょうけど、職場の上司とか同僚だと、この先も上手く付き合っていかないといけません。

でも、「興味を持てる人」でも上手く会話が弾まないのに、「興味の持てない人」の時は、さらに話もできず、ただ「早く時間、過ぎてくれないかな」と思ってしまいます。

話術を磨くためには苦手意識を捨てて誰にでも興味を持てば良い!3



誰にでも興味を持てば良い!

学生時代の友人で、ベラベラ饒舌に話す人がいます。

彼に相談したところ「苦手とか興味があるとか、考えないよ」と言われました。

「嫌いな人とか、合わないと思うような人でも、楽しく話せるの?」と聞いたところ、「普通に話すよ。だって話さないと分からないことってあるじゃん。苦手と思っていたけど、意外と趣味も合うし気も合って、すごく仲良くなる可能性もあるし。自分が何かトラブった時に、その人はすごくその分野に詳しくて、相談に乗ってもらうこともあるかもしれないでしょ。以前、彼女の浮気相手がバイト仲間ってことがあったんだけど、その時はさすがに無視したけどね」なんて言ってました。



確かに、話してみないと分からないことって、たくさんあると思います。

気が合わないと思っているような相手でも、喋ったら仲良くなって、一生の大親友になる可能性も、ゼロではありませんから。

話術を磨くためには苦手意識を捨てて誰にでも興味を持てば良い!4



今となっては、その友人の言っていることも、よく理解できますし、アドバイスに感謝しています。

それなりに話術を磨くことができました。

流れるようなトーク!ってことはないんですけど、普通に会話が成り立つようになりました。

苦手だとか気が合わないとか、余計なことは考えなくなって、誰とでも話せるようになったんです。

話術を磨くためには苦手意識を捨てて誰にでも興味を持てば良い!5



相手に興味を持つって、すごく大切なんだと思いました。

話をすることで、意外な一面を見ることもできます。

良い人だと思っていたけど、人の悪口を平気で言う人だったり、苦手だと思っていたけど、口調はキツイけど思いやりのある優しい人だった、と分かることもありました。



ある程度、話ができるようになったところで、さらに話術を磨きたいと思って、こんな会話テクニックも学んだんです。

人に好かれる会話術



これを学びだしてから、さらにコミュニケーション能力がアップした感じですね。

今は誰とでも仲良くなれる自信があるほどです。

ちょっと大袈裟かもしれませんけど、それだけ多くの人と親しくなれるようになったんですね。

ほんの少し考え方を変えるだけで状況って変わるものなんですね。

それでいて、話術を磨くためのテクニックを知ることができたので、もう完璧すぎます!

話術を磨くためには苦手意識を捨てて誰にでも興味を持てば良い!6





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player