誰とでも仲良くなれるくらい話し上手で明るい性格になれる方法イメージ画像1



以前の私は、

本当は誰とでも仲良くなりたいのに…

でも口下手だから言葉が出てこない…

しかも、大人しいからノリが悪いと言われる…

そんなことで、ずっと悩んでいました。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


口下手で大人しい性格っていうだけで、暗い人みたいなイメージを持たれて、酷い時は敬遠されたり嫌われたりすることもあるくらいです。

これはしょうがないことかもしれません。

逆の立場で考えた時に「口下手で何も話さないような大人しい人」と「話上手で明るい性格の人」だったら、「どちらが話しかけやすいか」「どちらといた方が楽しいか」、そんなことを考えれば答えは簡単ですよね。



楽しい盛り上げ役の人の方が周りから好かれるし、慕われるし、信頼もされるし、良いに決まってます。

中には、自分勝手でただ明るい人もいますから、そうならないようには注意が必要ですけど。

誰とでも仲良くなれるくらい話し上手で明るい性格になれる方法イメージ画像2



分かってはいるんですけど、明るい性格になかなかなれませんでした。

無理して振舞ったところで、ただただ空回りして変な感じになるだけでした。



「どうすれば良いんだ?」と悩んでみても、何も解決策は浮かんでこないし。

「ありのままの自分でいよう」「無理するのはやめよう」と思っても、大人しいだけの人間ですから、誰からも相手にされないし。

そうなると「やっぱり明るくならないといけない」と思い、無理して…そんなことを繰り返してばかりでしたね。

誰とでも仲良くなれるくらい話し上手で明るい性格になれる方法イメージ画像3



どうやって、明るい性格になったのか?

でも、今は自分の理想通りの性格になれたんじゃないかなと思います。

私のなりたかった理想の性格はというと、明るい性格で人見知りすることもなく、誰とでも気さくに話せるような人なんですけど。

誰とでも仲良くなれるくらい話し上手で明るい性格になれる方法イメージ画像4



そんな明るい話が上手い人には、どうすればなれるのか?

実は、それほど難しくもなく、そんな人になることができるんです。

実際、私も口下手で大人しい性格で周りから相手にされなかったり、嫌われることもありました。

そんな暗い性格だった過去があっても、今は誰とでも仲良く話すことができますし、場合によってはその場の中心になって、盛り上げ役になることもあるくらいです。



この会話術との出会いがキッカケですね。

誰とでも仲良くなれるくらい明るい性格になれる方法

誰とでも仲良くなれるくらい話し上手で明るい性格になれる方法イメージ画像5



この会話術は、どう考えてどんな話題でどう話をすれば、話が盛り上がるのか?みんなから喜ばれるのか?

そんなことが学べる内容なんです。

しかも、これまで話上手になりたいと思って、自分では分かっているつもりだったことが、根底から覆されるようなことも書かれているので、すごく勉強になりました。



もちろん、学んだその日から、ペラペラ話せる様になったわけではありませんけど、数週間~1ヶ月~2ヶ月と学んだことを実践していくうちに、明らかに前とは違う、会話を楽しめてるということが自分でも分かるようになりました。

口下手で大人しい性格が悪いわけではありませんし、物静かで思慮深いという良いところもあるとは思いますが、明るくて話上手になりたいと思うのなら、この会話術はオススメです。

誰とでも仲良くなれるくらい話し上手で明るい性格になれる方法イメージ画像6