会話上手になりたいなら、答えを理解して実践するのみ!


会話上手になりたいなら、答えを理解して実践するのみ!



会話上手になりたいけど、どうすれば話が上手くなるのか分からない、という人も多いでしょうね。

学校でも職場でも、人付き合いというものは、必要なものです。

友達だって話をすることで、お互いを理解しあって仲良くなったりしますよね。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


逆に話をして、気が合わなかったり考え方が違ったりで、仲良くなれないこともあります。

これも会話がなければ、相手がどんな人か知ることもできません

特に恋愛となると、外見だけでカッコいいとかカワイイとか判断をして、好きになってしまった場合、いざ話をしてみると、こんな人だったの?とガッカリしてしまうこともあります。



日々、生活していく上で、人と接することは避けられないものですから、会話下手より会話上手な方が、何かと上手くいくのは当然なことなんです。

学生時代よりも社会人になって大人になればなるほど、コミュニケーション能力が求められるのも、当たり前のことかもしれません。



では、会話下手を直すのには、どうすれば良いんでしょうか?

会話下手な人が考えることというと

何を話して良いのか分からない

ネタがない

話題が見付からない

という感じだと思います。

実際に、私も会話がとても苦手だったので、よく分かります。



人との会話となると、まず

何を話せば良いんだろう?

と考えてしまうんです。

でも考えたことで、何も浮かんできません。

そうすると、ただ沈黙の時間だけが過ぎて、気まずくなるだけです。

たまに、こういう話題はどうかな?と頭に浮かんで、実際に話掛けたとしても、話が続くこともなくて、これまた沈黙・・・ということばかりでした。



そこで単純に考えたんです。

何を話して良いのか分からない

ということなら

この話をすれば良いということさえ分かれば良いんじゃないか!



話題が見付からない

ということなら

話題の見つけ方さえ理解してしまえば良いんじゃないか!

そう思いました。



答えが分からない時は、いつまでも悩んでしまいますけど、答えが分かれば、何も問題はないですよね。

こうすれば良いということを分かっているわけですから、悩む必要もありません。



私の場合は、会話術を学んだことで、悩みが解消されました。

その会話術には、この話をすれば良い、話題の見つけ方などが、収められているものなので、私が知りたかった答えが、分かったんです。

そうすると、答えが分かっているわけですから、その通りにやれば良いだけなんですね。



戸惑うことや、上手くいかないこともありますけど、もともと会話下手だったんだから、しょうがないと思ったりできました。

会話上手になりための答えが見付かったことで、人付き合いというのも、だいぶ楽になってきましたね。

人に好かれる会話術





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player