老若男女問わず会話上手に!

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1

人生を劇的に変える 誰でも簡単にできる会話テクニック

人生を劇的に変える 誰でも簡単にできる会話テクニック1



人前だとあがってしまって上手く話せないし、職場の人ともなかなか親しくなれないし、好きな人ができても緊張して喋れないし。

もし、話し上手になることができたら、仕事もプライベートも楽しくなるんだろうなぁ」と思いました。

今の自分は、どう考えても真逆の状況ですし、自分が望んでいるものとは全く違っていました

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法1



対人関係が苦手で、そもそも会話が苦手でした。

話題も何を話すのが良いのかも分からないし、あれこれ考えているうちに、沈黙のまま時間だけが過ぎていくし。

話すのも楽しくないし、人間関係に疲れ切ってました。

家で一人でのんびり過ごすことのできる休日は、天国でしたね。

話下手なりの話題作り 聞き役に徹して適度な雑談もできるようになった

話下手なりの話題作り 聞き役に徹して適度な雑談もできるようになった1



話下手で本当に困っていました。

会話をどう切り出して良いのか分からずに、結局黙っているだけになってしまうんですね。

自分なりには、いつも「こんな話題なら楽しんでくれるかな?」と考えたりしているんですけど、いざ人前になると、頭が真っ白になってしまうので、何も話せなくなっていました。

会話に困らない 話題を作り出す方法~人付き合いが楽しくなった

会話に困らない 話題を作り出す方法~人付き合いが楽しくなった1



話題を見つけるって、難しいことだと思っていました。

なんとか振り絞って話題を見つけて、話し掛けたとしても、すぐに終わってしまうし。

でも、話題って簡単に作り出すことができるんですね。

それが分かってからは、すごく気持ちが楽になりました。

自分の言いたいことが言えない…ハッキリと意見を言えるようになった

自分の言いたいことが言えない…ハッキリと意見を言えるようになった1



自分の言いたいことも、なかなか言えませんでした。

頭の中では、ある程度発言することが浮かんでくるんですけど、実際口に出して、話をするということができませんでした。

すごくもどかしくて、イライラするような、そんな毎日を過ごしてました。

どんなに話題を振って話し掛けても話が全然盛り上がらない…

どんなに話題を振って話し掛けても話が全然盛り上がらない…1



同じように日本語という言葉を喋っているのに、Aくんの話は面白い…Bくんの話はつまらない…ってことありますよね。

話題だったり言い回しだったりで、全然違うんでしょうけど、私はBくんタイプでした。

みんなと仲良くしたくて、いろいろ話をするんですけど、楽しい会話なんてものは、全くできませんでした。

当たり障りのない会話にならない会話の法則 どんどん親しくなれます

当たり障りのない会話にならない会話の法則 どんどん親しくなれます1



いろいろな人と仲良くなって、交友関係を広げたいと思っていても、どうしても当たり障りのない会話しかできなくて、知り合い程度にしかなれませんでした。

どこまで踏み込んでいいのか分からず、遠慮して無難な話題しか話せなかったんですね。

どうにかしたいと思っても、どうすることもできませんでした。

大逆転で人間関係が望んだ通りに!自信満々やる気満々でパワフルになった

大逆転で人間関係が望んだ通りに!自信満々やる気満々でパワフルになった1



自分の居場所というものがないようにしか思えませんでした。

コミュニケーションを取るのが、非常に苦手で、人付き合い=ストレスというようなものでした。

消極的で物静か、会話もロクにできないような奴です。

学生時代も辛かったですけど、社会人になってからはさらに辛くて職場での人間関係に悩んでしまうような毎日を送っていました。

口下手=ダメな奴?良い人間関係を築くには、やっぱり会話が大切!

口下手=ダメな奴?良い人間関係を築くには、やっぱり会話が大切!1



今まで、ずっと自分に自信が持てませんでした。

人間関係が上手くいかないことばかりで、口下手な自分のことが、むちゃくちゃ嫌だったんです。

口下手=ダメな奴と思っていました。

話題が見つからない…どんどん話題が頭に浮かんでくる発想法

話題が見つからない…どんどん話題が頭に浮かんでくる発想法1



話題が見つからない…本当に辛いです。

親しくなるためには、まずは会話しないといけません。

会話するためには、やっぱり話題が必要です。

でも、その話題が全然出てきてくれないんです。

ただ沈黙する時間が、とても苦痛でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ