老若男女問わず会話上手に!

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1

会話が盛り上がってすぐ仲良くなれるから狙ったカワイイ子を落とすことができる

会話が盛り上がってすぐ仲良くなれるから狙ったカワイイ子を落とすことができる1



彼女が欲しいと思っていても、いざ行動に移そうと思っても、なかなか上手くいきませんでした。

そもそも、女性との会話がどうしても盛り上げることもできず、つまらない話しかできません。

外見がどうとか、性格がどうとかいう以前の問題で、話が合わないような男に、女性だって興味を持つわけありませんよね。

沈黙を打破するテクニック 話題に困ることなく会話が盛り上がる

沈黙を打破するテクニック 話題に困ることなく会話が盛り上がる1



話をするのが、苦手でした。

仲の良い友達相手だと気兼ねなく何でも話せて、楽しいんですけど。

あまり親しくない人や初対面の人が相手だと、何を話すべきか分からなくて、結局黙り込んでしまうことばかりでした。

会話がどんどん膨らんでいく会話術 こんな質問すれば嫌でも話は弾みます

会話がどんどん膨らんでいく会話術 こんな質問すれば嫌でも話は弾みます1



会話って、本当に難しいです。

自分では、それなりに話せる方だと思っていたんですけど、かなり会話下手だったみたいです。

会話を膨らませたくても、全然膨らむことなく、すぐに途切れてしまうんですね。

どうしたら良いんだろう?と悩んでいました。

冗談と嘘の違いも考えず調子に乗っていた…完全孤立からやり直せた話

冗談と嘘の違いも考えず調子に乗っていた…完全孤立からやり直せた話1



みんなと仲良くしたいという気持ちと、彼女とイチャイチャしたくてという気持ちで、今まで楽しくて盛り上がる会話というものを意識していたんですけど、実際は思い上がっていただけのようでした。

周りにウザがられて、嫌われて、相手にされなくなって…完全に孤立するようになっていったんです。

会話の時に間ができたらどうしよう…怖い思いも不安も無くなった!

会話の時に間ができたらどうしよう…怖い思いも不安も無くなった!1



友達や職場の人達と会話をしていると、どうしても間が空いてしまうというか、沈黙してしまうこともありました。

一度、無言になってしまうと、その後どう話して良いのか分からなくなってしまって、そのまま会話が終了して、時間が過ぎるのを待つばかり。

そんなことばかりでした。

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった1



無口なことが本当に嫌でした。

無口というと「面白くない人」「暗い人」というような悪いイメージしかないような気がして、周りからもそんな風に思われてるんじゃないか?そう思っていました。

だから「無口だね~」と言われると、相手には悪い印象を持たれていると思っていました。

友達は良いもの?信頼できる友達できたら人生が変わった!

友達は良いもの?信頼できる友達できたら人生が変わった!1



友達って、たくさんいる方が良いんでしょうか?

私は全くいなかったタイプなので、「いない」方の気持ちというか辛さは分かっていました。

でも、今は数人ですけど友達ができて、少ないながらも「やっぱり友達って良いもんだな」と思えています。

自分が嫌い~ネガティブ思考を改善して自分を認められるようになった

自分が嫌い~ネガティブ思考を改善して自分を認められるようになった1



自分のことが本当に嫌いでした。

嫌で嫌で仕方がなかったです。

どう考えても長所もないし、ポジティブになんて考えられないし、自分に自信なんてものは、全く持つことができませんでした。

ナルシストの人が、とても羨ましかったです。

何をやっても上手くいかないし、悪いことを言い出したら、キリがないかもしれませんね。

とにかくネガティブでした。

無口を治したい~周りから話しやすいと言われるくらいになった!

無口を治したい~周りから話しやすいと言われるくらいになった!1



小学生の頃にいじめを受けて、それ以来、人と接することを極力避けてきました

話をするようなことも、避けていたところもあったので、大人になってから、会話をしようとしても、どう話していいのか全く分からなくて、ただ黙り込んでしまうことばかりでした。

でも無口なままでいては、社会人としては通用しません。

やっぱり話術って必要ですよね。

自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった

自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった1



自己嫌悪が酷かったです。

全くと言っていいほど、自分に自信なんて持てませんでしたし、まさにマイナス思考の塊と言っていいくらい、否定的なことしか、頭にありませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ