「人間関係」の記事一覧

仕事辞めたい…人間関係に悩んでいたけど会話下手でも乗り越えられた

仕事辞めたい…人間関係に悩んでいたけど会話下手でも乗り越えられた1



社会人になって3年ほど経ちました。

今でこそ、職場の人達とも会話もあり、仲良くやれていますし、充実した毎日を過ごせていますけど、新社会人になった頃は散々でしたね。

もう、辞めようかな…」と何度思ったことか。

人間関係が上手くいかずイライラ 急激に上手くいくようになって楽しい人生に

人間関係が上手くいかずイライラ 急激に上手くいくようになって楽しい人生に1



仕事でも恋愛でも人間関係が上手くいかず、毎日のようにイライラしていました。

なんとか挽回しようと、あれこれやっても逆におかしくなってしまって、完全に疲れ切っていたんです。

人間関係が全てではないんでしょうけど、上手くいくかいかないかで、大きな差が出てくるものなんだと思います。

自慢話は嫌われる?自慢話でも相手を楽しませることができる会話法

自慢話は嫌われる?自慢話でも相手を楽しませることができる会話法1



会話をする際に、話題に悩むことばかりでした。

話し上手な人からすれば、何も悩むようなこともないとは思いますけど、会話下手な私にとっては、深刻過ぎる問題でした。

話題を間違えると、変に捉えられて「自慢している」と思われることも多かったんですね。

職場の人間関係 大人数だと雑談も苦手で普通にワイワイ話せるようになりたい

職場の人間関係 大人数だと雑談も苦手で普通にワイワイ話せるようになりたい1



職場の人間関係は、なんとかなっていたんですけど、あくまで1対1の会話はできる…という感じで、大人数で話をする場合は、全く発言することができませんでした。

萎縮してしまうというか…。

雑談もダメなので、会議などは余計にダメで、すごく困っていました。

人生を劇的に変える 誰でも簡単にできる会話テクニック

人生を劇的に変える 誰でも簡単にできる会話テクニック1



人前だとあがってしまって上手く話せないし、職場の人ともなかなか親しくなれないし、好きな人ができても緊張して喋れないし。

もし、話し上手になることができたら、仕事もプライベートも楽しくなるんだろうなぁ」と思いました。

今の自分は、どう考えても真逆の状況ですし、自分が望んでいるものとは全く違っていました

当たり障りのない会話にならない会話の法則 どんどん親しくなれます

当たり障りのない会話にならない会話の法則 どんどん親しくなれます1



いろいろな人と仲良くなって、交友関係を広げたいと思っていても、どうしても当たり障りのない会話しかできなくて、知り合い程度にしかなれませんでした。

どこまで踏み込んでいいのか分からず、遠慮して無難な話題しか話せなかったんですね。

どうにかしたいと思っても、どうすることもできませんでした。

大逆転で人間関係が望んだ通りに!自信満々やる気満々でパワフルになった

大逆転で人間関係が望んだ通りに!自信満々やる気満々でパワフルになった1



自分の居場所というものがないようにしか思えませんでした。

コミュニケーションを取るのが、非常に苦手で、人付き合い=ストレスというようなものでした。

消極的で物静か、会話もロクにできないような奴です。

学生時代も辛かったですけど、社会人になってからはさらに辛くて職場での人間関係に悩んでしまうような毎日を送っていました。

冗談と嘘の違いも考えず調子に乗っていた…完全孤立からやり直せた話

冗談と嘘の違いも考えず調子に乗っていた…完全孤立からやり直せた話1



みんなと仲良くしたいという気持ちと、彼女とイチャイチャしたくてという気持ちで、今まで楽しくて盛り上がる会話というものを意識していたんですけど、実際は思い上がっていただけのようでした。

周りにウザがられて、嫌われて、相手にされなくなって…完全に孤立するようになっていったんです。

友達は良いもの?信頼できる友達できたら人生が変わった!

友達は良いもの?信頼できる友達できたら人生が変わった!1



友達って、たくさんいる方が良いんでしょうか?

私は全くいなかったタイプなので、「いない」方の気持ちというか辛さは分かっていました。

でも、今は数人ですけど友達ができて、少ないながらも「やっぱり友達って良いもんだな」と思えています。

会話ができるようになって人間関係が円滑に!気持ちも超ラクになった

会話ができるようになって人間関係が円滑に!気持ちも超ラクになった1



正直、人と話をするのが嫌で、避けていました。

話をした方が良いとは思ってましたけど、上手く話せないから、嫌だったんですね。

人付き合いが上手い人のことは、ただただスゴイ!としか思えませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ