口下手を克服したいなら最も必要なことを忘れてはいけない!


口下手を克服したいなら最も必要なことを忘れてはいけない!



口下手な人って、ほとんどの人が、話をしたいんだけど何を話して良いのか分からない、なんて言いますよね。

私も以前は、そうだったんですけど、話をしたいと思っていても会話が浮かんでこないし、考えれば考えるほど分からなくなってました。

あなたもそうでしょうか?

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


でも、ふと思ったことがあったんです。

何を話して良いのか分からないなら 、何を話せば良いのかが分かれば、そんな悩みも解決できる!

単純な考えかもしれませんけど、分からないことがあって、上手くいかなかったとしても、答えが分かれば簡単に上手くいくことってありますよね。

それなら会話術を学んで、隅から隅まで頭に叩き込めば良いだけの話だって思ったんです。

そうすれば話す話題にも困ることはなくなるし、口下手の悩み解決できるって。



でも、そういう悩みを持っていると、そんな簡単に口下手が克服できるなら苦労しない!とっくに話上手になれているはずだ!と思うかもしれません。

それなら、あなたは今まで、どれだけ努力をしてきましたか?

今までに、どんな本を読んで会話術を学んできましたか?

学んで実際にどういう人と、どんな会話をしてきましたか?



初対面の人とでも話をしようと、頑張って話かけたこともある!

話上手になれる本を買って読んだこともある!

と怒られそうですけど。



これは私も体験したことなんですけど、会話の本を読んで、こう話してみようと、誰かに話し掛けたけど、上手くいかなかった・・・よし、今度こそはとまた話をしてみたけど、ダメだった・・・最初の何回かは頑張る気持ちもあるんですけど、何度も失敗していると、やっぱりダメだなぁ・・・なんて諦めてしまうんですよね。

こんな本を読んだって口下手なんて直せないじゃん!なんて嫌になって、読み返すこともしなくなります。



性格って、それまでに経験してきたことや育った環境だったり周りの人とどんな関係でいたとか、そういうもので形成されたものですよね。

それなら、パッと性格が変わるなんて、あり得ない話だと思いませんか?



諦めなければ願いは叶う、というようなものもあれば、諦めが肝心なんてものもありますよね。

三度目の正直、というのもあれば、二度あることは三度あるというのもありますよね。



結局、どちらを選ぶかは自分次第なんです。

もう少しで、願いが叶うところなのに自ら諦めてしまって、こんなに頑張ったのに叶わなかった、なんて嘆いてみたりするのも、自分が決めたことなんです。



三度目の正直と思ってやったけど上手くいかず、三度で諦めるのか、それとも四度でも五度でも叶うまで頑張るのか、それを選択するのも最後は自分なんです。

失敗すればするほど、自分の情けないところばかり目立ってしまって、いろいろと嫌になってしまって、諦めてしまう気持ちも分かります。



どうしても口下手を直したいと思っているのなら、諦めたらダメなんです。

今やっていることが上手くいかないなら、それは自分に合っていないだけで、他の方法を探してみる。

それでもダメなら、次の方法に。



私も、いろいろな本を読んだり方法を試してみました。

挫折しそうになったこともありましたけど、口下手や大人しい性格ということで、嫌な思いも散々してきましたから、悔しかったんですね。

絶対に見返してやる!と思って、諦めませんでした。

そこで見つけたのが、このノウハウです。

人に好かれる会話術



このノウハウのおかげで、一気に口下手は克服することができました。

人間関係も、それまででは考えられないほど改善されましたね。



でも、もし途中で諦めていたら、この人に好かれる会話術にも出会うことはなかったと思います。

諦めずに、いろいろな方法を探して試していたから、この方法を見付けることができました。

どんなことでも、そうかもしれませんけど、諦めたらダメなんですよね。



絶対に!!意地でも!何としてでも!という思いがあれば、性格だって変えることができます。

それが数か月後なのか?1年後なのか?5年後なのか?いつかは分かりませんけど、変わりたいと思っていれば、口下手を克服することもできるんです。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player