口下手の人の心理って?改善するために必要な気持ちと考え方


口下手の人の心理って?改善するために必要な気持ちと考え方



口下手の人って、とにかく自分に自信が持てないんですよね。

だから、自分を出すことができない表現することができない訳で。

人付き合いが得意な人にとっては理解できない心理なんでしょうけど。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


こんなことを言って大丈夫なのか?と思って会話ができなかったり、行動を起こそうと思っても、やっぱり怖いなと動けなかったり。

何だかんだ言い訳を作って逃げてしまったり、とにかく悪い方へ悪い方へ進んでしまうものです。



一番良くないのは、焦ることです。

何事でもそうですが、焦ってやって良い結果にはなりません。

慎重にゆったりと、背筋を伸ばして胸を張って!時間が経てば自然と解決してくれる問題も多いものです。



口下手を無理に直そうと思っても上手くいかないことの方が多いものです。

自分のことを悪く思っているようでは、いつまでも変わらないんですよね。

ちょっと見方を変えて、口下手というのは、冷静沈着で思慮深いという良さがあるんです。

そんな考え方を持てるようになれば、自分もそんなに捨てたものじゃないな



自分はこうしてないといけない、なんて決めつける必要はありません。

わざわざ周りの目を気にして、比較する必要もありません。

そんな考え方が、どんどん自分のことを追い込んでしまうんですよね。



私は心理学のこととか分かりません。

ただ、自分も散々口下手で苦しんできたので、多少なりとも口下手の人の心理は分かっているつもりです。

そんな私の経験上、ゆったりした気持ちで、自分の良いところ見直してみるのも良いもんですよ。



オドオドしている自分を客観的に見て

・なんか情けないなぁ

・私って本当にダメだな

・なんて否定的に考えないで

・わ~オドオド君じゃん

・こんな奴だけど、意外と優しいんだよね

とか、考えてみたり

・オドオド音頭でも作って踊ってみようかな?

なんて、くだらないことを考えてみたり。



意識すればするほど、気になってしまうものですから、少し気楽に考えてみませんか?





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player