暗い性格は悪いことですか?


暗い性格は悪いことですか?



暗い性格というのは悪いことなんでしょうか?

もし悪いとすれば、明るい性格が正しいことになりますけど

もちろんそんなことはありません。



どっちが正しいとかいうことはないんですよね。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


ただ、明るい人の方が社交的で、周りの人と上手くやっていけるというのも事実です。

ワイワイやってる人の方が楽しく見えますからね。

どうしても、周りに人が集まっていくものです。

反対に暗い人は

近寄りづらかったり、怖い印象を与えてしまう

こともあります。

そうなると、距離を置いてしまいますし

なかなか人が寄ってこないという状況になってしまうんですね。



暗い性格だと、周りの雰囲気を壊してしまうこともありますから

その場の状況に合わせられるくらいの柔軟性があった方が良い

とは思いますけど。

でも、それがあなたの個性ですし、このままの自分で良いと思っているなら

無理はしなくても良いと思いますよ。

無理して明るく振る舞っても、空回りして余計に自信がなくなったり

疲れてしまうだけですから。



でも、明るい人なんだけど、愚痴や悪口ばかりをいってワガママな人もいれば

暗いんだけど、思いやりがあって優しい人もいます。

そういう明るい人は、付き合っていくうちに

その人の本性というのも分かってきますし、離れていく人もたくさんいるんです。



残念なことに、暗い人だと自分を表現しませんから、その人の優しさというものを

周りの人はなかなか理解できないということです。

この世の中を生きていくうえで

人付き合いというのは最低限必要になってきますから

少しでも自分というものを出してみてはいかがでしょうか?





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player