気の利いた面白いことが言えないイメージ画像1



気の利いた面白いことが言えない

って、悩んでる人が多いんですよね。

実際に私も以前はそうですけど。



面白い人と面白くない人

どちらが人間関係が上手くいくかというと、やっぱり面白い人ですよね。

しかも、それが気の利いたことを言えるような人なら、人気者になれるはずです。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


ただ、ここで難しいのは

“気の利いたこと”とは、どんなことなのか?

なんですね。

正直、気の利いたことって分からないんですね。

今でも理解できてるか、自身はありません。



私が実践してるのは、素直になること。

例えば、手作りの食事を頂いたとします。

グルメ番組でタレントさんが言うような、感想みたいなことは、言えないですからね。

気の利いた面白いことが言えないイメージ画像2



口の中に、〇〇の香りが広がって…

確実にお世辞だとバレます。

素直に美味しい!美味い!って言うだけでも、作ってくれた相手は満足すると思います。



もし、不味い場合は相手との関係にもよりますけど

ちょっと味が薄いかも。もう少し、しょっぱくても…

くらい言っても良いんじゃないでしょうか?



明らかに言えないような相手なら

不思議な味だ

今まで食べたことのない味

なんて誤魔化すのも良いかもしれません。

気の利いた面白いことが言えないイメージ画像3



素直が一番!

多少の気遣いは必要なのは、間違いないとは思います。

でも、変に気の利いたこと言おうと思って、逆に不快感を与えてしまうくらいなら、素直な感想を言うのが一番ですよね。

心のこもっていないような上辺だけ発言って、相手に見抜かれることも多いものですから、無理だけはしないようにした方が良いです。。



それに、ベラベラ話すような人よりも、親身になって話を聞いてくれるような人の方が、話しやすくありませんか?

しっかり相手を思いやる人の方が、人間関係は上手くいくものですからね。

気の利いた面白いことが言えないイメージ画像4



面白いことか、面白くないか

気が利いてるか、利いてないか

判断するのは、自分ではなく相手です。



好意を寄せているような人にされることって、ちょっとしたことでも嬉しくありませんか?

嫌いな人に言われることって、どんなことでも悪く捉えてしまいませんか?

自分が良かれと思っても、相手は不快に思うこともあるし、「余計なお世話かな?」と思いつつも一言言ってあげたりしても、相手にとても感謝されるかもしれません。

考え過ぎは注意しましょう。

気の利いた面白いことが言えないイメージ画像5