無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった1



無口なことが本当に嫌でした。

無口というと「面白くない人」「暗い人」というような悪いイメージしかないような気がして、周りからもそんな風に思われてるんじゃないか?そう思っていました。

だから「無口だね~」と言われると、相手には悪い印象を持たれていると思っていました。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


以前、無口な性格について、友達に相談したことがありました。

ベラベラ余計なことを喋るような奴より、周りに迷惑かけないぶん、無口の方がいいんじゃないの」と言われました。

確かにそう言われればその通り。

面白い人はみんなに好かれるけど、単なるお喋りは周りからウザがられることもありますから。

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった2



でも無口すぎるのも、問題ですよね。

喋りたいけど、人との会話になると、話題が見つからなかったり、会話の流れに入っていけなかったり、とっさに返答することができなかったり…自分自身のことが本当に嫌になることばかりでした。

面白い話ができないまでも、ある程度、会話というものを成立させないと、「人としてどうなの?」と思ってしまいます。

何も話さずに、ただボーっと、その場にいるだけのような人を見たら、「何だこの人?」と、私も思うと、思います。



場合によっては「なんか気持ちが悪いな」と思うようなこともあるかもしれません。

ということは、私自身も何も話さずに、「その場にいるだけ」ということが多いですから、周りの人に不快な思いをさせてるかもしれない…そう思いました。

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった3



無口を改善できた会話ノウハウ

何とかして、無口を改善させたいと思いました。

普通に話せればいいんです。

それなりに会話のキャッチボールができるだけで、十分なんですね。

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった4



半年ぐらいかかりましたけど、ようやく無口というものを改善させることができました

こちらの会話術で、会話が続かない…話題が見つからない…という悩みを具体的に解決できる方法を知ることができて、普通に話せるようになりました。

人に好かれる会話術



正直言って、このノウハウを購入するかどうか、すごく悩みました。

これを学んで、本当に無口が治るのか?」期待する気持ちもありましたけど、疑う気持ちの方が強かったですね。

ただ実際に、この会話術を学んで、「人間関係が良好になった!」「口下手を克服できた!」という人も多いようなので、100%ではないかもしれないけど、信じて買ってみることにしました。

その結果は、大正解でしたね。

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった5



楽しくベラベラと話せるようになったわけでもないですけど、今まで無口過ぎたので、それと比べればすごく進歩しました。

うまく会話の流れに入っていきますし、スムーズに会話のキャッチボールができるようになったんです。

人間関係も円滑になってくれたこともあって、今までだと周りの人達から「悪く思われているんじゃないか…」と、気にしてしまうことも多かったんですけど、今は全く気にならなくなりました。



無口を無事改善できたし、周りの人とも普通に話せるようになりましたから、変な心配はなくなったんですね。

こうなったら、さらに話術を磨いて、「話上手」と言われるくらいになりたいと思います。

無口を改善~スムーズに会話のキャッチボールができるようになった6





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ