お喋り上手になるために必要な考え方


お喋り上手になるために必要な考え方



いろいろな人と話ができるようになりたい

会話上手になりたい

無口であればあるほど、そんな気持ちも強くなるのではないでしょうか?



どうやったら、お喋りになれるかというと

変に考え過ぎないことです。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


お喋りが苦手な人というのは

私の話なんてつまらないだろうな・・・

しらけちゃったら、マズイな・・・

なんて考え過ぎてしまうんです。

そうこうしてるうちに、会話に参加できずに、ただその場にいるだけ・・・

そんな経験はありませんか?



もちろん、ある程度考えることは大切なことですね。

思ったことを何でも口にしてたら

それこそ空気が読めない人になりますし

周りから嫌われてしまうこともあります。

下ネタなんて言って、笑ってもらえることもありますが

シ~ンとさせてしまうこともありますから

その辺は考えた方が良いんですけど。



ただ、考え過ぎというのは良くないんです。

私もそうでしたが、テレビ番組の話でどんな番組見てるか?

という会話になったんですね。

私は当時、好きなアイドルグループがいて

その番組は毎週欠かさず見てたんですけど

それを言ったらバカにされるんじゃないか

とか考えてしまって。



バラエティ番組でも見てたものがあるんですが

その会話の最初に他の人がその司会してるタレントさんを

あんまり好きじゃないなんて言ってたんです。

そうすると、その番組の名前を出したら

不快な思いをさせちゃうんじゃないか

とか考えてしまって。



結局、何も言えずに、黙っているだけで

ヘラヘラ愛想笑いをしていた感じでしたね。

今、考えると、自分が何の番組を見ようが自由であって

そんな気にする必要もないんですよね。

そこでアイドルの番組だろうが、バラエティ番組だろうが

話に参加してれば、盛り上がったかもしれません。



いろいろ考え過ぎてると

上手くいくことも上手くいかなくなるようになりますから、ほどほどに。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player