自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった

自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった1



自己嫌悪が酷かったです。

全くと言っていいほど、自分に自信なんて持てませんでしたし、まさにマイナス思考の塊と言っていいくらい、否定的なことしか、頭にありませんでした。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


自分でも「何でなんだろう?」と思うほど、いろいろなことが上手くいきませんでした。

昔から、そうだったんですね。

努力が足りないだけ!と言われてしまえば、その通りかもしれませんけど、自分なりには、必死に頑張っても、全然上手くいかないし。

自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった2



相手のことを考えて、良かれと思ってやったことが、結局「迷惑なこと」になってしまって、親や先生に怒られたり。

ちょっとした誤解によって、友達に文句言われたり、文句言われても説明して、誤解が解ければ良いんですけど、完全に嫌われてしまったり。



そんなことばかりだと、「どうせ、何をやっても上手くいかない」「どうして、こんな人間になっちゃったんだろう?」「もう嫌だ~」と自分を責めることばかりでした。

自分の良いところを探そうとしても、何も見つからないんです。

ダメなところ、悪いところだったら、いくらでも言えるんですけど…。

自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった3



自己嫌悪から脱出できた!

素直に生きることって、すごく楽で良いものですね。

今は、そんな感じで平和に暮らせているんです。

自己嫌悪に陥ることも、無くなりました。

悪く考えてしまうことも、もちろんありますけど、それほど悪く考えなくなって、ある程度、割り切れるようになりました。



この教材のおかげで、考え方を変えることができたんです。

精神的な弱さを改善する方法



物事って考え方次第で、良くも思えるし悪くも思えます

今までは、悪い部分しか見えることができなかったから、どんどん自己嫌悪になっていました。

少しでも良いところが見えるようになってくると、「しょうがないよ」「まぁ良いや」って思うことができるようになって、だんだん気にならなくなっていきました。

自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった4



自分自身というものも、しっかり見つめ直してみたところ、良いことろが意外とあるんですよね。

こちらが思いやりを持って、良かれと思ってやるようなことだって、人によっては、有り難くない場合もあります。

それだって、「優しさ」という良いところが私にはあるんです。

Aさんは、すごく喜んでくれたけど、Bさんは、迷惑そうな顔をしていた…そこは、ちょっと判断力がなかっただけで、自己嫌悪に陥るほど、自分が悪いことでもないと思うんです。



捉え方によっては、自分に都合の良いように考えてしまっているのかもしれません。

でも、あれこれ考えすぎて、自分のことを悪く考えてしまうくらいなら、自分に都合の良いように考えて、少しくらい自信を持っていた方が良いと思うんですね。

今までが、自己嫌悪ばかりだったので、ちょっと自分勝手な考えを持っても、ちょうど良いのかなって思っています。

毎日、気持ちを楽に、前向きに生きていきたいと思います。

自己嫌悪が酷い~自分に都合の良いように考えて自信が持てるようになった5



口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ