気を使い過ぎて何も話せない…気楽に話ができて人付き合いが楽しくなった

気を使い過ぎて何も話せない…気楽に話ができて人付き合いが楽しくなった1



友達との会話というと、普通は気を使うこともなく、言いたいことを言えるもの。

そんな感じだと思っていたんです。

でも私の場合は、言いたいことを言えるどころか、気を使い過ぎて、何も話せなくなっていました

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


学生の頃、同級生の会話を聞いていると、くだらない話だったり、相手をいじるような話も、平気でしている感じでした。

もちろん、相手が嫌がることとか考えずに、ズケズケと物を言うような人は、嫌われると思います。

最低限の気遣いは必要だと思うんですね。



ただ私の場合は、最低限というよりは、最大限に気を使ってしまって、あれこれ考えて、その結果、何も話せなくなってしまっていました。

会話の場になると、「こんなことを言っても問題ないのかな?」と思ってしまって、「大丈夫でしょ」「いや、ダメでしょ、他に言い方があるんじゃないか?」「それじゃあ、なんて言えば良いんだろう?」など、自問自答して、結果的には答えも出ませんから、そのまま何も言えず、会話も成り立ちません。



気を使い過ぎだよ!と自分でも分かっているんですけど、どうすることもできませんでした。

分かっていて、もっとフランクにすれば良いだけと思っても、いざ人を前にすると、やっぱり上手くいきません。

毎日、気を使い過ぎて、家に帰るころにはクタクタになってました。

気を使い過ぎて何も話せない…気楽に話ができて人付き合いが楽しくなった2



気楽に話せるようになりました!

そんな私でも、気を使い過ぎることなく、楽しい会話ができるようになりました。

やっぱり人として、最低限の気遣いは必要ですけど、気を使い過ぎて、楽しい会話ができるはずありません。

相手を不快にさせることなく、会話が盛り上がる話題さえ理解しちゃえば、全く問題ないんですね。

こちらで、会話について理解できました。

人に好かれる会話術

気を使い過ぎて何も話せない…気楽に話ができて人付き合いが楽しくなった3



年上の方だったり初対面の人が相手なら、言葉使いは気を付けますけど、友達に対しては、それほど気を使わずに、くだらない話もできるようになったんです。

さらに親しくなってしまえば、思ってることを、バンバン言ってしまいます。

それでも嫌われるようなこともないし、もっと仲良くなれています。



気を使い過ぎていた頃は、人と接するのも嫌になることばかりでしたけど、今は楽しい!の一言ですね。

人に好かれる会話術に書かれていることを実践すれば、嫌われることはないし、みんなから好かれる!という、自信と安心感しかありません

今後も、人付き合いに対しては、不安というものはありませんね。

気楽に話ができるようになって、本当に良かったです。

気を使い過ぎて何も話せない…気楽に話ができて人付き合いが楽しくなった4





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ