無口がすごくイヤ!話題に困らず雑談も盛り上がり楽しくなった!

無口がすごくイヤ!話題に困らず雑談も盛り上がり楽しくなった!1



私は、かなり無口でした。

相手が話してくれれば話せるんですけど、自分から話題を振ったり話し掛けたりすることができませんでした。

口下手な性格のせいで、仲良くなりたいけど仲良くなれず、いろいろ気にしてしまって、疲れることばかりでした。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


何を話して良いのか分からなかったんですよね。

相手が誰であってもです。

嫌いな人や苦手なタイプの人と、あまり喋らないというのは、誰しもあるとは思いますけど、私の場合はとにかく会話が苦手だったので、話せなかったんです。

話し掛けてくれれば…と最初に言いましたけど、それでも一言二言話すのがやっとで、会話が長く続くことはありません。

あまりにも喋らないものですから、周りからは「大人しい人」という印象を持たれています。

無口がすごくイヤ!話題に困らず雑談も盛り上がり楽しくなった!2



でも、本当は話がしたいんですね。

以前、職場の会議室で、手続きの関係で待たされたことがありました。

私とは別に、もう一人手続きをする人がいて、その人も待たされていたんですけど、最初に二言、三言ほど話はありましたけど、それで終了です。

結局、20分ほど待っていたんですけど、話をしたのは最初の2分くらいかな。

後は、ずっと沈黙でした。

そういう時って、すごく気まずくなるんですよね。



全く見ず知らずの人ならまだしも、部署は違えど同じ会社の人で、顔と苗字くらいは知っている人なのに、話が続かないんです。

どうしよう…」と思えば思うほど、焦ってきてしまって、何も話題が浮かばないし。

こういう経験をしていると、どんどん自分の無口という性格が嫌になります

頭の回転が速い人なら、ポンポン話題が浮かんできて、楽しい会話ができるんでしょうけど、私には無理な話でした。

無口がすごくイヤ!話題に困らず雑談も盛り上がり楽しくなった!3



話題に困らなくなりました!

でも、この会話術を学んで、あまり深く考えなくなりました。

人に好かれる会話術



こちらの会話術は、とにかくコミュニケーション能力を身に付けるのに、最適な教材ですね。

これを読んでから、話題に困ることも無くなったんです。

まさに無限に話題が浮かんでくる思考を手に入れました!

ちょっと大袈裟かもしれませんけど、それくらい話が続くようになったんですね。

無口がすごくイヤ!話題に困らず雑談も盛り上がり楽しくなった!4



今まで「大人しい人」と思われていましたけど、最近は「変わったね!」「明るくなったね!」と言われるほどです。

テレビで見る芸人さんのように、面白い話はなかなかできませんけど、今まで何も喋らなかったわけですから、自分でもすごく変われたと思います。

話し上手が100点で、無口が0点だとしたら、今までは5点くらいでしたけど、今は60点くらいにはなっているんじゃないでしょうか。

あくまで自己採点なので、正確かどうかは分かりませんけど。



とにかく、どんな状況でも会話に困ることは無くなりました。

今は自信を持って話せるようになっていますし、雑談とかがすごく楽しくなっています

今後も、この人に好かれる会話術を参考にして、交友関係を広げていって、いろいろなチャンスに目を向けていきたいですね。

無口がすごくイヤ!話題に困らず雑談も盛り上がり楽しくなった!5





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ