内向的な性格は生きづらい~自信を持ってだんだん社交的になれた!

内向的な性格は生きづらい~自信を持ってだんだん社交的になれた!1



内向的な性格だと、本当に生きづらいです。

言いたいことも言えないし、特別に用事でもない限りは、誰も話掛けてこないし…。

周りばかりを気にしていたので、毎日クタクタになってました。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


小さい頃から引っ込み思案で、いつも親の後ろに隠れているようなタイプでした。

幼稚園でもそうですし、親戚が集まって同世代の従兄弟が集まるような場でも、他のみんなはワーワー騒いでいるのに、私だけは大人しくしている感じで、完全に孤立してました。

従兄弟とかなら、大人しい子だから…と理解してくれますけど、学校などでは、そういうわけにもいきません。



良い子ぶっている…優等生ぶっている…という感じで、悪く思われてしまいます。

全く、そんなつもりはないんですけどね。

そういう性格なんです。

結局、周りに何を言われても、言い返すこともできませんから、周りとも仲良くなれませんでした。

内向的な性格は生きづらい~自信を持ってだんだん社交的になれた!2



そのまま大人になっちゃったものですから、内向的な性格も治すこともできず、すごく苦労しました。

人の顔色を伺ってばかりでしたし、自分の意見なんて言えません

でも、そうなると、八方美人みたいになってしまって、

方や

Aさんが「〇〇だと思うんだけど、そう思わない?」と聞かれれば「そうですね」と返事をして、

Bさんが「△△だと思うんだけど、そう思わない?」と聞かれれば「そう思います」と返事をして、

結果、あっちで言ってることと、こっちで言ってることが違ってしまい、「何なの?あいつ」となります。

そんなことも多かったです。

かと言って、Aさん、Bさんがどう思っていようが、

私は□□だと思います

と、自分の意見を言えるかというと、言うことはできないんです。

毎日、トラブルにならないように、周りの人達の顔色を伺っていたので、家に帰る頃には、肉体的にではなく、精神的に疲れ切っている状態でした。

内向的な性格は生きづらい~自信を持ってだんだん社交的になれた!3



内向的な性格も、だんだんと改善できた!

そんな私も、今では自分の意見も言えるようになりました

性格は、特別に明るくなったわけでもありませし、内向的で大人しい性格だと思います。

でも、自分に自信が持てるようになりましたし、精神的にも強くなれたと思います。

精神的な弱さを改善する方法



自分の意見を言えるようになったと言っても、上司に反発したり、周りに文句を言うわけではありません。

もちろん話を合わせたり、時にはお世辞を言うこともあります。

社会人ですから、その辺は気を付けてはいます。

内向的な性格は生きづらい~自信を持ってだんだん社交的になれた!4



ただ、嫌なことは嫌と言いますし、悪いことは悪いと言います

人の悪口的なことも、自分がそう思ってなければ、「私はそう思わない」と言います。

角が立たないように、言葉は選んで、やんわりと言うようにはしてますけど。



周りの人達の顔色も、あまり気にならなくなったので、堂々としていられるようになりました。

そんな感じになれましたから、肉体的にも精神的にも、程よい疲れくらいで、毎日過ごせています。

少しは人付き合いもできるようになってきましたけど、まだまだだと思いますので、ゆっくりでも良いから、もうちょっと社交的になれるように、今後も頑張りたいと思います。

内向的な性格は生きづらい~自信を持ってだんだん社交的になれた!5





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ