女性との会話が苦手~無理せず自然体でいたら好きな子と付き合えた!


女性との会話が苦手~無理せず自然体でいたら好きな子と付き合えた!



女性との会話がとにかく苦手でした。

中学や高校の頃に、男子校だったということもあって、ほとんど女子と接することもなく、過ごしてしまったので、どうして良いのか分からなかったんですね。

せっかく大学生になったのに、彼女もいないまま過ごしていました。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


バイト先には同年代の子もたくさんいるんですけど、挨拶や仕事上の会話はしても、休憩所でみんなでワイワイ話すなんて、全然できませんでした。

ただ座っているだけという感じで、大人しい人としか思われていませんでしたね。

そんな喋らない大人しい奴を良いと思ってくれる人もいませんし、ただ黙々と大学行って授業を受けて、夕方からバイトして家に帰る・・・そんな生活を送っていました。



そんなつまらない生活をしていたんですけど、ある日バイト先にむちゃくちゃ好みの子が入ってきたんです。

正直、人生初の一目惚れをしました。

それだけ好みの子なのに、全く話し掛けることもできません。

話したいけど、話せない・・・すごく情けなかったですね。



少しはユーモアな話術を身に付けたいと思って、この笑いの会話術を読むことにしたんです。

口下手な人でも、これをマネして話せば人気者になれる!なんてことでした。

すぐに話上手になれるとは思っていませんでしたし、人気者になれるとも思いませんでしたけど、少しで良いから女性とも話せるようになりたいと思いました。



ある時、その好みの新人さんがバイト中にミスをしてしまいました。

すぐに気付いて、フォローしてあげて、なんとか大丈夫だったんですけど。

その後、それを気にして、さっきありがとうございました、とお礼を言ってきてくれたんです。

それでも、あ・・・うん・・・気にしないで良いよ・・・ということしか言えませんでしたね。



以前、同じバイトで明るい性格の男性が、ミスした子のフォローをした時、お礼を言われて、じゃあ、そのお詫びに俺とデートね!なんて言っていたのを聞いたことがありました。

その二人は、後々付き合うことになったんですけど。

そんなノリで言えればいいんですけど、結局ロクな返事もできませんでしたね。



無理せず自然体でいるのが一番!

しばらくして、買い物に行った際に、偶然その好みの子と会ったんです。

向こうも買い物に来ていて、ちょうどお腹が空いていた、この前フォローしてくれたお礼に、ご飯をご馳走します!ということでした。

好きな子と食事ができるなんて、思ってもいませんし、あまりにも急な展開なので驚きましたが、せっかくなので一緒にご飯を食べることにしたんです。



ただ、緊張もあるし、何も話せないでいて、相手が一方的に話しているのを、うんうん聞いているだけでした。

それでも、すごく楽しかったです!なんて言ってくれて、改めて良い子だなぁと思いました。

それからも何度か誘ってくれて、出掛けることがありました。

笑いの会話術で学んだことを発揮しようと頑張ったりもしたんですけど、上手くいくこともあれば、失敗することもあって。



くだらない冗談を言った時に、すごくシラケちゃったんですね。

本当に情けなくなって、泣きたくなりました。

そんな僕のことを気に掛けてくれた彼女に、なおさら申し訳なくなってしまって。



「実は、〇〇ちゃんのことが大好きなんだ・・・もっと明るくて面白い話ができる男なら、もっと楽しませることができるのに・・・」と、思わず言ってしまいました。

それに対して、「楽しくなければ一緒に出掛けたりしませんよ、確かに口数は少ないけど、私が話好きだし、〇〇さんって聞き上手ですよね、一緒にいてつまらないと思ったこともないし、無理に面白いことを言おうとする必要はないですよ、私は今の〇〇さんが好きなんです!」と思いも寄らぬことを言ってくれました。

その日から、彼女と付き合えることになりました



少しずつですけど女性との会話も平気になってきていますし、笑いの会話術で学んだことをたまに言うことで、普段無口なのに、たまに言う発言が面白いよね~なんて周りから言われるようになっています。

バイト先では、イイ女捕まえたな!無口と思いきや口説きのテクニックでもあるのか?なんて周りには冷やかされていますけど、それもすごく嬉しい冷やかしです。

彼女のおかげで、無理しないで自然体でいようと思うようになってからは、すごく人付き合いが楽になりました。





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player