聞き上手になるには?会話のテンポが良くなる相槌をマスターしよう

聞き上手になるには?会話のテンポが良くなる相槌をマスターしよう1



自分からあれこれ話すのが苦手だったので、「それなら聞き上手になろう!」と思いました。

でも、聞き上手というのも、とても難しいんですよね。

ただ「うんうん」頷いて聞いていれば良いだけではないし。

話上手にもなれないし、聞き上手にもそう簡単にはなれないものだと思いました。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1


私は昔から話すことが苦手でした。

友達との会話でも、何を話せば良いか分からないし、沈黙するだけでした。

何でも良いから話をしようと思っても、思えば思うほど頭の中が真っ白になってしまって、話題が全然見つけられませんでした。

でも、それはまだ中学生の頃のこと、「この先、いろいろ経験していくうちに改善されていって、コミュニケーション能力も向上するだろう」と、楽観的に考えていました。



でも、その後高校~大学と通っていても、何も変わりませんでした。

会話のキャッチボールをしたいと思っても上手くいかないし、相変わらず話題が浮かんで来ないし。

周りからは「暗い人」「喋らない人」と思われていましたし、自分の居場所もないように感じてしまうことばかりでした。

聞き上手になるには?会話のテンポが良くなる相槌をマスターしよう2



社会人になっても、状況は変わりませんでした。

本当に悩みましたね。

かなり悩んでいて、その結果「それなら聞き上手になれば良いんじゃないか?」と思ったんです。

「こちらから話そうとしても話題も見つからないで困っているなら、無理して話す必要もない…聞き上手になれば話を聞いていて、上手く相槌打っておけば良いだけだから簡単だよ」と思いました。

「何で、こんな簡単なことに気付かなったんだろう」とも思いましたね。



ところがです。

聞き上手なんて、簡単になれるものではありませんでした。

ただ「へ~そうなんですか」「すごいですね」とか適当な相槌を打ってるだけの奴との会話なんて、相手が楽しいわけありません

どんどん相手の話を引き出さないといけないのに、全く引き出せないんです。

聞き上手になるには?会話のテンポが良くなる相槌をマスターしよう3



念願の聞き上手になれました!

そこから数年は、本当に会話というもので、頭を悩ませていました。

どうやっても上手くいかないし、誰とでも仲良くなれるような人って、本当にスゴイと思いましたね。

でも、やっと悩みも解決できる時が来ました。

ここで、最高の会話術の登場です。

会話のテンポを良くする相槌のバリエーション



こちらの会話術を学んでいくうちに、「会話のテンポを良くする、相槌の8つのバリエーション」というものを知りました。

この相槌を使ったところ、どんどん話を引き出すことができました。

しかも、相手の顔を見ていると、すごく楽しそうに話をしてくれているんです。

まさに心地の良いテンポで会話が弾んでくれました

聞き上手になるには?会話のテンポが良くなる相槌をマスターしよう4



その頃から、職場でも友達でも、いろいろと相談されることも多くなりました

それも、他の人には言えないような内容の話なんですね。

他にも「話しやすい」とか会話の終わりに「また話を聞いてね」と言われることもあります。

今まで、そんなこともなかったので、その変化に驚くだけです。

完璧に聞き上手になれましたね。



それと同時に、人に好かれる会話術で話術を学べたことで、話下手も少しは改善された感じです。

ただ、話を聞いて上手く相槌を打っているだけでもなく、自分なりの意見をしっかりまとめて言うこともできています。

以前は、散々悩んでいた「話題が見つからない」という悩みも、面白いほど話題が見つかるようになっているので、無事に解決です。

聞き上手になるには?会話のテンポが良くなる相槌をマスターしよう5



「こんな性格でずっと生きてきたし、もう変わることもできないんじゃないか?」

「人付き合いが上手い人って、天性の才能なんだろう」

そんなことを考えてばかりで、あれこれ悩んでましたけど、ただ「知らなかった」だけなんですよね。



才能がどうとか関係ありません。

話し上手になるためにはどうすれば良いか?聞き上手になるためにはどうすれば良いか?それをハッキリ知ることができれば、会話に関する悩みも、簡単に解決できますよ。

聞き上手になるには?会話のテンポが良くなる相槌をマスターしよう6





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ