会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法1



対人関係が苦手で、そもそも会話が苦手でした。

話題も何を話すのが良いのかも分からないし、あれこれ考えているうちに、沈黙のまま時間だけが過ぎていくし。

話すのも楽しくないし、人間関係に疲れ切ってました。

家で一人でのんびり過ごすことのできる休日は、天国でしたね。

口下手を克服して話上手になるための秘訣!その1

会話=苦痛という感じに捉えていました。

上手く話せないんですよね。

本当は、みんなとベラベラとくだらない話でもして、楽しい時間を過ごしたいんですけど、現実はそうはいきません。



職場の人達との雑談の場などでは、「こういう話題になっているから、あの話をした方が良いのかな?」など考えているうちに、もう違う話題になっていて「じゃあ、こういう話をしよう…それとも、こう言った方が良いのかな?」など考えていると、また違う話になっていたり。

とにかく会話というものをする際に、一言一言、いろいろと考えてしまって、すごく疲れていました。

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法2



何も考えずに、ズケズケと物を言って、空気が読めななかったり、聞いている人たちを不快にさせたりするよりは、慎重に考える方が良いのかもしれませんけど、私の場合は慎重すぎて、会話に入っていけないんですね。

何とか入っていけても、当たり障りのないようなことしか言えなかったり、相槌打つ程度しかできなかったりという感じでした。



職場の人間関係も、全然上手くいっていないわけではなかったんですけど、毎日毎日気を使ってばかりで、すごく嫌でした。

それでも、気を使ってだんだんと上手くいくようになっていれば良いんでしょうけど、まったく成長しないというか、雑談の時間なんて、すごく苦痛にしか思えませんでした。

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法3



お喋りが楽しい!

ところが、そんな私でも楽しく喋れるようになったんです。

会話は嫌なものでしたけど、すごく楽しいと思えるようになったんですよね。

この話術を学んだら、しっかり成長できました。

会話を心から楽しめるようになる会話法

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法4



今まで、どうして楽しめなかったんだ?と驚いてしまうほどです。

単純に考え過ぎで気を使い過ぎていたんだと思いますし、こうすれば良い!ということを知らなかっただけなんだと思います。



今は雑談も平気でこなせるようになりました。

少しは「こんなこと言って大丈夫かな?」と考えますけど、大丈夫だと思えばすぐに発言しますし、ダメだと思ったらすぐに違う話題が浮かんでくるので、あれこれ悩み過ぎて会話に参加できないようなことは無くなりましたね。

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法5



人がコミュニケーションを取るためには最低限の会話は必要ですし、もちろん最低限の気遣いも必要だと思います。

でも、気を使い過ぎて黙り込んでいては、コミュニケーションも取れませんよね。

話せるようになってから、自分の思ったことも言えるし、そうすれば相手にも伝わりますし、反対に相手が考えていることも分かるようになっています。

そうなると、気の合う人とはどんどん仲良くなれます。



今は、すごく会話が楽しいです。

ただ、一部相手が話の内容によっては、全く興味のないものもあって、それはあんまり楽しめないところもあります。

その点は、まだまだ話し上手ではないんだなぁって思ってますね。

そういう話でも、話を弾ませて楽しむことができるようになればと、今後も頑張っていこうと思っています。

会話=苦痛だったけど心からお喋りが楽しめるようになる方法6





口下手を克服して話上手になるための秘訣!その3

サブコンテンツ

このページの先頭へ